hanwag

初登場のクラフトマンシップ溢れる靴メイカー hanwag



1921年整形外科靴マイスターのハンス・ワーグナー(以前ご紹介したLOWAの創設者と兄弟)が


ドイツ・ミュンヘン郊外のヒアーキルヘンに創立。



頑固なまでのクラフトマンシップにこだわり作られた靴。


履きやすさのみならず、堅牢で耐久性に優れ、


ヨーロッパをはじめ、世界各国で高品質な靴に対する最も高い評価を得ています。



他にも、チェコ共和国国境沿いの広大な森林に生息するオオヤマネコの保護活動支援や


ドイツ登山学校協会(VDB)の活動支援など


様々な活動に貢献しています。


hanwagの登山靴は、素晴らしいモデルが沢山あります。


が、


今回ご紹介するのはロングブーツ!
a0223776_1382291.jpg

hanwag GRIZZLY TOP marone (84,000yen)
EU36~44

はい、そうなんです。


レディスだけじゃなく、メンズもございます!
a0223776_17591514.jpg

僕が履いているのが、28cm。


存在感ありすぎです。


下駄箱には入りません!!笑



このブーツ、きっとhanwagのスタッフが作りたくて、作りたくて、作ったのだと思います。
a0223776_1815768.jpg

伝統的なダブルステッチダウン。


肉厚レザーですが比較的柔らかく、ムートンライニングで足あたりは非常にソフト。


そして、暖かさマックスです!!


さらになにより、秀逸な木型と、適度なトウピッチがあり、とっても快適に歩けます。


修理しながら20年くらい履けそうです。



薪割や、庭仕事にもピッタリですね。


森に出かけたくなる、そんなブーツです。


これだけ趣味性の高いブーツ


モチロン日本では当店のみの扱いです。


はい!完全に僕の趣味ですー。笑



hanwag渾身のブーツ!


実物は、予想以上の存在感ですよ。



[PR]
by gozo-shoes | 2012-11-22 18:21